みなさんは何ヶ月に一回のペースで美容室に足を運びますか。
多くの女性は3ヶ月に一回程度は美容室に行くことが多いのではないでしょうか。
美のメンテナンスを常に意識されている方は一ヶ月に一回のペースで通っている方もいらっしゃいます。
ただなかなか多くの人がそうではありません。
美容師側から見ると、もちろんお客様に二、三ヶ月のペースで来店して欲しいのが実情です。
あまりにも期間が空くのも美容師側からしてみると顧客離れになってしまったり…次の来店に続かなかったりするので、そのためにも上手な案配で施術をし、次回の来店につなげるのです。
例えばカラーリングやパーマは次回の来店につなげやすい施術内容です。
髪が伸びてくれば、だんだん根本は地毛の色が目立ち始めて気になってきます。
パーマも二、三ヶ月もすればキープするのも難しくなってくるでしょう。
その時に、髪の毛カットはしなくともパーマやカラーリングの面では気になってしまいサロンに足を運びますよね。
よく美容師さんが「次は2ヶ月後くらいにもう一度パーマあてにきた方がこの髪型をキープしやすいよ」とか「次は夏にまたカラーリングにおいでよね」などさりげなく施術中に次の来店につなげるトークをしていませんか。
もちろんお客様のことを一番に考えての話ですが、でも本音としては定期的に美容室にきて欲しいという願いが込められています。
特に指名制で給料に指名料などがプラスされている給与形態の場合は、美容師さんもお客様に定期的に来て頂ける用に割引のハガキを送ったり、髪のダメージを指摘してトリートメントの施術をうながしたり…ととてもさりげなく必死にこまめな活動をしているのです。